2008年06月30日

本田宗一郎に一番叱られた男の本田語録―人生に「自分の哲学を持つ人」になれ!

内容(「BOOK」データベースより)
仕事で一番大切な「感性」を最高に磨きあげる方法「どうして日本人は、富士山が好きなんだろうね」、「世の中のニーズ」を確実につかむ方法「君たちは、腹が減って死にそうな人に、『すき焼きの肉を買いに行きます!』と言うのか!」、感動こそ「最高の商品」だ!「やっている者が感動できないようなモノは、他人を感動させられない」、人は「見た目」で判断する「『人が見て不安に感じるもの』をつくっちゃいけないんだ!」、「できないはず」を実現する“本田宗一郎マジック”。

本田宗一郎はとにかく直ぐに怒る人だったらしい。しかし彼の中に憎しみは無く、その心は常にお客様や従業員の事を思っている。なので叱られた人も一時的には落ち込んだりもするが、最後はそれをばねに飛躍して行く。著者も来る日も来る日も怒られながらも本田宗一郎に導かれるが如く日本を代表するアコードやシビックを開発・設計してきた。
この本は著者が本田氏に実際に怒られた言葉やエピソードで構成されているのですが、本田氏の発した言葉の一つ一つがとても重いです。

「99%失敗しても、1%成功すればいいんだ」

「やりもせんに!」(やりもしないで結論をだすな、の意)

「やっている者が感動できないようなモノは、他人を感動させられない」

私も本田宗一郎に怒られたつもりで更に精進してみよう。

古本買取り 佐伯書店ホームはこちら



posted by 佐伯書店スタッフ at 19:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。